無題gg
無題yyy
無題jk

美しく穏やかな住まいを

三重県内を中心に、住まいや店舗づくりの設計施工から外構工事、アフターメンテナンスまでトータルでお客様をサポートしております。心に響くモノづくりやサービスを心がけ、永く安全で快適で、美しく穏やかな建物をお届けしております。

フランカのサービス

注文住宅・店舗の設計・施工・アフター
フランカ建築設計では、住宅・店舗の設計デザインから施工、アフターメンテナンスまでも一貫体制で行っております。高品質でハイセンスな建築をロープライスで実現します。
住宅・マンションのリノベーション
戸建住宅やマンションなどのリノベーション事業を行っております。老朽化などの問題を解決し、これまでよりも楽しく快適に過ごして頂くためのお手伝いをさせて頂きます。
インテリアデザインプランニング
これまで培った経験やノウハウを活かし、お客様のご要望に合わせて照明・建具・カーテン・家具・外構等のインテリアをトータルコーディネートしプランニングさせて頂きます。

フランカ ブログ

日々の出来事や感じたこと、建築やデザインに関するフランカの想いや考えなどを自由奔放に綴っております。

  • 波乱の建築探訪
    波乱の建築探訪

    先日、山形にあるビルダーのスタッフさんを新国立競技場などへ案内するという

    明らかに人選ミスであろう依頼を受け、朝一の新幹線で東京に向かった。

     

    巨大迷路化した新橋の地下駐車場内で怯えながらレンタカー会社に向かい、

    借りたプリウスのシフトレバーにあるBの意味が分からずも出発したことに一抹の不安を抱え、

    僕が運転する車には4人の女性が乗車し案内することとなった。

     

    車内では、のっけから打ち解けることを許してくれる包容力と、機知に富んだ対応力を持ち合わせた

    素敵な女性ばかりでとにかく楽しかった。いや、楽しませていただいた。

     

    そして新国立競技場、国立新美術館、森美術館などを廻った。

     

     

     

     

    楽しい時間とはひと時の夢の如くである。

     

    僕の任務の最後は15時30分の搭乗手続き締め切りまでに彼女たちを羽田に送り届けることだ。

     

    六本木ヒルズを出るころには時計の針が15時を指そうとしていた。

     

    急がねば・・・

    一人シンデレラ状態である。

     

    すぐに首都高から羽田に向かった。

     

    車内ではやはり楽しかった。

    “これで送り届けたら、もう一生会えないんだろうなぁ~”と寂しさも交えた会話をしていた。

     

    その時である。

    突然、、耳の中に光が差し込み、フワッと時が止まった。

     

    「キーーーン!」

     

    「あっ!違う!」

     

    思わず叫んだ。

     

    首都高浜崎橋JCTを右ではなく左に曲がっていたのである。

     

     

    カーブを曲がりきったところで全身の力が抜けきろうとしていた。

    同乗者が女性ばかりでなければ、羞恥心も破壊され、尿漏れどころか尿ダダ漏れだったのではないだろうか。

    頭の中にはジョージ・ウィンストンのイントロが流れ、つい数分前までの楽しくも哀愁のある会話が過去の追憶のように感じるのである。

     

    「あ~ 終わった」

    「4人分の航空チケット吹っ飛ばしたよ」

     

    事の大きさに気付いた4人の女性が凍り付いていた。

     

    しかし、すぐに「大丈夫よ、間に合わなければもう一泊出来るんだからそれも楽しいじゃない?」と、

    天使の声を掛けてもらい、

     

    「あなたたちはナイチンゲール様ですか?」と心に処方箋を差し伸べてくれたのである。

    幼いころは「チンゲール チンゲール」と叫んでいた恥ずべき人間であるのだが。。。

     

    すぐに首都高を乗り直し羽田に向かった。

    リアルアクション映画の如く車中では皆が前を見て息を飲んでいた。

     

    約束の時間までに3分オーバーで到着した。

    お別れの挨拶も出来ぬまま、彼女たちと別れた。

     

    ああ、悲しいかなミッション・インポッシブル。

     

     

     

  • 畑の囲い
    畑の囲い

    畑を地面より一段高くして囲ったものをレイズベッドと言うらしい。

     

    囲った枠がベッドで畑土がマットのイメージなんだろうが、

    畑や家庭菜園と言った本来の趣旨とは程遠い名前に違和感を感じてしまう。

     

    囲われた畑であれば“囲畑(いばた)”でどうだろうか?

    囲うのは畑だけでなく、収穫されたお野菜も家族や友人と囲って食べてくださいね!なんて、、、

     

    ん~ん、なんだろ?この上手い発想だろ?感。。。

    その前に元中日ドラゴンズの井端が真っ先に頭に浮かぶ。。。

     

     

    この畑は美容室のシャンプースペースの足元から見えるものだが、

    そのほとんどのお客さんが興味を示し、成長を楽しんでくれるそうだ。

     

    造って苗を植えてからしばらくしても成長しないことにドギマギし、

    「俺は造花でも植えたのか?」と思ったが、

    セミの鳴き声が本格的になると一変、きゅうりやトマトが「ジャックと豆の木」を思い起こす程の成長を遂げ、

    大量の収穫となったのである。guwasi!

  • テラスの恩恵
    テラスの恩恵

    パーゴラを造った。

    いや、この後屋根を貼ったのでテラスなのだが、

    物干しスペースや駐輪スペースと用途は様々で何かと重宝される。

     

    ホワイトの防腐塗料で塗装し、強度と見栄えの為に木を欠き込んではあるが、

    さほど手間のかかる作業ではない。

     

    休憩中などにネットニュースを見れば陰鬱な情報が多く辟易する。

     

    しかし、何かを創造したり自分の手で創ったりすることで、手応えや喜び、

    見えない絆や感謝が生まれたりすることがある。

     

    行動することの素晴らしさや如何に。

     

    さあ、今すぐ動き出そうではないか!