無題gg
無題yyy
無題jk

美しく穏やかに  

三重県内を中心に、住まいや店舗づくりの設計施工から外構工事、アフターメンテナンスまでトータルでお客様をサポートしております。心に響くモノづくりやサービスを心がけ、永く安全で快適で、美しく穏やかな建物をお届けしております。

フランカのサービス

注文住宅・店舗の設計・施工・アフター
フランカ建築設計では、住宅・店舗の設計デザインから施工、アフターメンテナンスまでも一貫体制で行っております。高品質でハイセンスな建築を実現します。
住宅・マンションのリノベーション
リノベーション事業を行っております。老朽化などの問題を解決し、これまでよりも楽しく快適に過ごして頂くためのお手伝いをさせて頂きます。
インテリアデザインプランニング
お客様のご要望に合わせて照明・建具・カーテン・家具・外構等のインテリアをトータルコーディネートしプランニングさせて頂きます。

フランカ ブログ

日々の出来事や感じたこと、建築やデザインに関するフランカの想いや考えなどを自由奔放に綴っております。

  • 木製立て看板
    木製立て看板

    ゆうとと、タモの挽き板をトリマーで一文字づつ手作業で掘り、蝶番以外の金物を使わず仕上げてみた。

     

    深堀りするほど文字は鮮明になるのだが、

    オーナー曰く、逆に、これくらいのほうが

     

    “あの外の看板よく見たら掘ってあるんだね!ビックリした!” と、

     

    お客様に言っていただけるそうだ。

    褒め上手なオーナーではあるのだが、それでも嬉しくて感謝しかない。

     

    文字を掘る作業は手紙を書いている感覚に近いものがある。

    一文字一文字想いをしたためる。

     

    雨風を受けながら年月を重ね、いつしかこの看板に心寄り添う美しさが宿りますようにと。。。

  • 昨年の暮れから始めた・・・
    昨年の暮れから始めた・・・

    昨年の暮れから10名ほどのメンバーが集まり和太鼓を習い始めた。

     

    僕とゆうと以外は女性ばかりで、しかも僕は年長者でもあったので、

    『ここはエロ爺を封印し、好々爺の如く立ち振る舞おう。』と。

     

    そんな思考の段階でエロ爺の封印はされていないのだが、

    同時に好々爺の立ち振る舞いも長くは続かなかった。

     

    始める前のセルフイメージの僕の姿はキレッキレ!で、時に繊細だ。

    なんだったら、ノヴェンバー・ステップスに新たに和太鼓奏者として加わっているイメージである。

    ※敬愛なる武満徹さんに失礼か。

     

    それがそれが、いざ始まってみると、

    『キレッキレのロボットみたいじゃん。』 (=゚ω゚)ノ

    『気の小さいタコみたいじゃん。』 (゚Д゚;)

     

    って、おい!

    年長者は大切にね ♡

     

     

    ボランティアとして老人会での発表の日時も決まっていたのだが、

    練習も含め、当面の延期と自粛。

     

    太鼓を始めたきっかけが、

    昼食に入ったお店でおばあちゃんが『毎日一人で寂しい・・・』とこぼれた一言からだったので、尚更残念ではあるのだが、

     

    こんな時だからこそ、いつも以上に心は丸く、気は長く、笑顔笑顔で。

     

     

  • 絵を眺めながら思う事
    絵を眺めながら思う事

    古い美術全集なんかを読んだり眺めたりして過ごす。

     

    虚心では見れないが、

    絵の向こう側にある背景や心の奥を

    いろんな距離で妄想しながら見つめていると、

    結局のところ、人間味のある絵に心が響く。

     

    ただ自然にある絵の奥に潜む、孤独や深層心理でのつながりには、

    下敷きに“愛”を感じる。

     

    絵。

     

    えっ? 笑